相見積もりで見つけよう|不用品回収のサービスを活用せよ!捨てるに捨てられないモノ、お任せ

相見積もりで見つけよう

ダンボールの束

ひとつの街に、何店舗か必ず不用品回収業者が存在する、そんな状況になっています。
別の記事でもチラッと書いていますが、不用品回収の需要は年々高まっており、それに応えようとする業者が続々生まれている状況にあるのです。
昨日2社だった不用品回収業者が今日は5社になっていた……などということも、もしかしたらあり得るかもしれません。

さて、そんな感じでひとつの街にたくさんの数がある不用品回収業者ですが、良い業者を選び出すためのワザをひとつ、ここでは紹介したいと思います。
それは「相見積もり」という方法です。語感から何となく、「あっ、あのことだな」と気づいた人もいるかと思いますが、相見積もりとは要するに複数の業者に見積もりを依頼すること、そしてそれらの見積もりを見比べることを意味します。
不用品回収業者はひとつの街にたくさんあり、そして業者の数だけ見積もりを出すときの基準が異なります。たとえばあるひとつのタンスを不用品回収業者に引き取ってもらいたいと思ったとき、Aという業者では3,000円、Bという業者では5,000円、Cという業者では10,000円……だったりします。その業者ごとに、どれくらいのお金を自分たちでもらうべきなのか、考え方が違うのです。
もちろん、私たち利用者にとっていちばんイイのは、Aの業者ということになるでしょう。
このようなことがあるので、不用品回収業者何社かに見積もりを依頼し、それぞれに見積書を出してもらって見比べるという「相見積もり」をすることが賢明だといえるのです。

AAAA